PHOTOCARDSHOP画像

結婚報告はがきとは?

結婚報告はがきとは?

「結婚報告はがき」とは、「結婚しましたはがき」・「ウェディングカード」・「ウェディングポストカード」などの別名があり、披露宴に招いた方々への御礼・披露宴に招くことができなかった方々への報告を行うものです。

結婚報告はがきって必要?

どうしても出さなければいけないという決まりはありませんが、こころまちにしている方は多いでしょう。地方にもよると思いますが、当たり前の習慣になっているところもあるようです。「自分達の幸せを自慢しているだけで、もらってもうれしくないのでは?」なんて思われている方もいるようですが、そんなことはありません。ご親戚の方々や女性の友人などは結婚報告はがきの到着を喜びます。最終的に送るか送らないかを決めるのはご自身ですが、人生最大の節目を皆様に報告することはとても大切なことではないかと思います。

結婚報告はがきの意味

  1. 披露宴に招いた方々への御礼ができる
    挙式後1ヶ月以内に結婚報告はがきに手書きのメッセージ付けて送れば、披露宴に出席していただいたお礼の電話は必要ないでしょう。
  2. 披露宴に招くことができなかった方々への報告ができる
    披露宴に呼ぶことができなかった方々に結婚式の様子を少しだけお伝えしましょう。
  3. 新しい住所・連絡先の報告ができる
    新居の住所・電話番号などをお知らせしましょう。
    実は結婚報告はがきはこの意味合いが最も強いのです。

結婚報告はがきいつ出すもの?

 特に決まりはありませんが、次の目安を参考にしてください。

  1. 披露宴に招いた方々への御礼電話の変わりに送る場合・・・式後1ヶ月以内
  2. 披露宴に招くことができなかった方々に送る場合・・・・・式後2ヶ月以内
  • 4月挙式の方が7月に暑中お見舞いとして、10月挙式の方が12月に年賀状・クリスマスカードとして送ったりすることが多いようです。ただし、気をつけなければならないのが、喪中の方の扱いです。喪中の方には年賀の言葉を使用していないものを作成したほうが良いでしょう。
  • 例えば、結婚式・入籍日から随分経過してしまっていたとします。そのときはこのような一言を書き添えれば、いつ出しても大丈夫です。「結婚式から半年が経ちました。二人仲良く過ごしています。」しばらく経って、二人の様子を伝える意味合いを表現すれば不自然ではありませんよ。
 | 結婚報告はがきTOP |